女風は、用法・用量を守って正しく利用いたしましょう。

既婚ユーザー・ネギブロコの女性用風俗利用日記

コラム

【コラム㉘コンドームのススメ】

【コラム㉓秘部の形状】でお伝えした通り、これまで私がお世話になってきたセラピストさん達の秘部は、施術中、約8割が「気付いた時にはフルパワー!」の状態にトランスフォームしていました。にも関わらず、積極的にコンドームをつけてくれる方はほぼいな…

【コラム㉗甘い言葉】

当たり前ですが、セラピストさんのタイプは実に様々で、十人いれば十通り。顔はもちろん、雰囲気、ファッション、話し方、ユーザーとの距離感、施術方法…等々、似たような系統のセラピストさんはいても、一人として“同じ人”は存在しません。 その中には、「…

【コラム㉖営業LINE】

ここ最近、セラピストさんや各お店(※私が過去に利用したことのあるお店は計6店舗)からの営業LINEが増えてきました。数としては、5月(緊急事態宣言発令後、1ヶ月後〜1ヶ月半後くらいの間)以来の多さです。ただ、あの時はセラピストさん本人からだけ。…

【コラム㉕匂い】

以前にもご紹介した通り、施術の流れはどこのお店も大体共通しています。カウンセリング→シャワー→普通のマッサージ(指圧、アロマ、パウダー等)→性感マッサージ→再びシャワー…という感じ。アロマオイルやパウダーは、各セラピストさんがイイ香り(またはエ…

【コラム㉔公私混同】

多くのセラピストさんは、日々きちんと&素晴らしいお仕事をされています。勉強熱心だったり、毎回極上の癒やしをくれたり。誠にありがたいことです。でも、中にはプロ意識が低いとかお金儲けに走ってるとか(笑)、“正当な報酬を支払うに値しない人”も少な…

【コラム㉓秘部の形状】

昨秋より女風ユーザーとなってから、個人的に「結構意外だな〜」と感じていることがあります。それは、各セラピストさんたちの“秘部の形状”。利用前は、「彼らにとっては仕事なわけだし、性欲が漲りまくって仕方のないお年頃(勝手に10代後半〜20代前半を想…

【コラム㉒いつ予約する?】

9/1アップの記事「コラム㉑」では“女風の予約方法”について書きましたが、今回掘り下げるのはズバリ!“予約時期”です。 私は仕事が不規則&自分のスケジュールが判明するのが非常に遅いため、女風を予約するのは大抵前日。どんなに早くても、せいぜい2〜3…

【コラム㉑予約方法二者択一】

女風の予約方法は、大きく分けて2つです。一つはお店(公式HP・公式LINE・電話ほか)を通じて。もう一つは、セラピスト本人(DM・LINEほか)と直接コンタクトを図る方法です。 当日即利用したい方や女風初体験の方、はたまた会ったことのないセラピストさん…

【コラム⑳自分の年齢、セラピストの年齢】

お店のホームページなどで好みのセラピストさんを探す際、容姿や人柄と同じくらい知りたいのが「年齢」ではないでしょうか。あまりに年が離れている(セラピストさんがすごく若い)と、何だか申し訳ないような気もするし、並んで歩く時や施術の時(←基本的に…

【コラム⑲本音でキャンセル】

「どのセラピストを指名するか」は、お店の公式ホームページや、セラピストさん本人のSNSをチェックして決めることが多いと思います。 画面上で確認できるのは、ぼんやりとした容姿(※完全に顔出ししているセラピストさんは稀なので、あくまでも大体の雰囲気…

【コラム⑱下着を脱ぐタイミング】

先日「コラム⑰コース時間の使い方」で詳しくご説明した通り、女風の流れはどこのお店も大体以下のような感じです。カウンセリング→シャワー(施術前)→普通のマッサージ→性感マッサージ→シャワー(施術後)。 一番最初に女風を利用した際、セラピストさんに…

【コラム⑰コース時間の使い方】

以前、女風は「90分、120分、150分くらいのコースがスタンダード」と書きました(「コラム②料金&時間配分」にて)。私は120分コースを選ぶことが多いのですが、担当セラピストさんによって“120分間の使い方”が結構違うところも、実は密かな楽しみの一つ。私…

【コラム⑯セラピストのイケメン度・改訂版】

これまで計46本の記事を綴ってきましたが、その中で飛び抜けてアクセス数が多いものがあります。それは、3月16日にアップした「コラム⑩セラピストのイケメン度」。 この結果を受けて、「もしやもっと具体的な例を求めて閲覧してくれている方が多いのかな?」…

【コラム⑮本名or偽名】

「自分の名前、コース名、希望セラピスト名、日付、待ち合わせ時刻&場所、割引の有無、容姿や服装の特徴」。女風を予約する際、先方に伝える情報としては、どのお店も大体こんな感じだと思います。予約名は名字・名前・フルネームのいずれも可、本名でも偽…

【コラム⑭言わぬが花】

女風を利用し始めた当初、未知の体験すぎて全然慣れないことがありました。それは、“双方の気持ちがどんなに盛り上がったとしても、お客とセラピストは決して合体しない”という点です。 歴代の彼氏とそういう雰囲気になった際、突如生理が始まった時を除いて…

【コラム⑬リピート指名と新規指名】

女風の利用を開始する前、「指名するセラピストは、あんまり数を絞らないほうがいいだろうな」と思っていました。「この人だけ!」と決めてしまうと、そのセラピストが辞めた時に慌てて別の人を探さないといけないし、「会う頻度が高くなれば依存度も高くな…

【コラム⑫“触れ合う”ことの重要性】

数年前まで、「私は男性に甘えられるより甘えるほうが好きなんだ」と思っていました。実際、20代の頃に長年同棲した恋人には終始甘えっぱなしだった。でもその恋人と別れて31歳以降、“甘え好き”な男性と付き合うことが増えていきました。元来の気の強さ(笑…

【コラム⑪絶頂に達するか否か】

私は絶頂に達するまで、かなり時間が掛かるタイプだと認識しています。過去に付き合った人の中でも、性行為の時間自体が長く、且つ体力のある人以外は「果てる」というのが非常に難しかった。けれど、正直言って絶頂に達するか否かはさほど重要ではありませ…

【コラム⑩セラピストのイケメン度】

これまで数人のセラピストさんに施術してもらいまして、どのお店にも確かに“イケメン”と称するに相応しい方はおられます。が、「神々し過ぎて直視できない」というほど眉目秀麗な殿方にはまだお会いしておりません。ただ、どのセラピストさんにも共通する長…

【コラム⑨DM・LINE問題】

セラピストの予約は基本的にお店に入れますが、セラピスト本人とDMやLINEで直接連絡を取れることも多いです。個人同士でやり取りすることに関して「メリットとデメリット、両方あるなぁ」と感じています。例えばどういうことかというと、業務連絡的な内容の…

【コラム⑧ニュートラルもSもMもそれ以外も、したいプレイを素直に言っていい】

私は自分のことをニュートラルだとばかり思っていましたが、女風を利用するようになって、「Sな面もMな面も持ってるんだな」と気が付きました。これまでSの男性・Mの男性ともに付き合った経験があるけれど、どちらも自分自身の性的興奮は別段増幅せず。M度高…

【コラム⑦ラブホテルPART3/立地】

私は既婚者ということもあり、職場や自宅とはなるべく離れたラブホテルを利用するようにしています。セラピストと一緒にいる場面を知人に見られるかも、というリスクの他に、“従業員さん問題”も存在するからです。ラブホテルといえば、一昔前は誰とも顔を合…

【コラム⑥ラブホテルPART2/部屋選びのポイント】

ラブホテルに着いたら、まずはどの部屋にするかを選びましょう(多くのホテルでは、ロビーにあるタッチパネルで簡単にセレクト可能)。利用する時間帯や曜日の他、部屋のタイプによっても料金が変わってきます。主な違いは、平米数や家具のクオリティー、全…

【コラム⑤ラブホテルPART1/空室・満室】

セラピストを自宅に招く場合は部屋で待っていればOKですが、大抵のユーザーはラブホテルを利用することでしょう。「ラブホテル情報なんて持ってないよ…」という方も心配はご無用。場所(駅名等)と大体の予算を伝えれば、セラピスト側で良き塩梅のホテルを提…

【コラム④性病検査について】

健全なお店は大抵「当店のセラピストは、定期的に性病検査を受けています」と謳っています(その結果をHP上にアップしているお店もあります)。それは当然として、私はユーザー側も検査を受けたほうがいいと思っています。一人のセラピストがどれくらいの顧…

【コラム③デート】

セラピストの容姿や人柄を自分自身で確認したい方や、人見知りの方、いきなりホテルへ行くことに抵抗がある方等のために、デートコースを用意しているお店も少なくありません。料金はまちまちですが、お金と時間に余裕のある方は“お試し”として使いやすいプ…

【コラム②料金&時間配分】

どこのお店も90分、120分、150分くらいのコースがスタンダード。初利用の旨を伝えると、120分コースを勧められることが多いです。料金は平均90分15000円、120分20000円くらいで、プラス指名料&交通費&ホテル代(ホテルではなく自宅に来てもらうことも出来…

【コラム①女風の種類と予約の流れ】

女風には、性感マッサージや出張ホスト、レズビアン風俗など何種類かあるようですが、私が利用しているのは全て性感マッサージのお店です。ホームページを見て指名したいセラピスト(←性感マッサージをしてくれるスタッフのこと)を選び、希望の日時と場所を…