女風は、用法・用量を守って正しく利用いたしましょう。

既婚ユーザー・ネギブロコの女性用風俗利用日記

【コラム㉓秘部の形状】

昨秋より女風ユーザーとなってから、個人的に「結構意外だな〜」と感じていることがあります。それは、各セラピストさんたちの“秘部の形状”。利用前は、「彼らにとっては仕事なわけだし、性欲が漲りまくって仕方のないお年頃(勝手に10代後半〜20代前半を想定・笑)でもない限り、チラッと反応はしても、フルってことはまぁないだろうな」と予想していました。


ところが、です。いざ利用してみると、私の体験では8割くらいのセラピストさんがすこぶる、それはそれは素晴らしく元気だった(※計13回利用/年齢幅20代後半〜40代前半)。気付いた時にはフルパワー‼︎の形状にトランスフォームしていることが多く(笑)、「男性のカラダって不思議だなぁ」とか「健康で何よりですわね♡」とか思ったり思わなかったり。


ただし、目の前にいるセラピストさんが「全くタイプじゃない」「キライではないものの、かと言ってしっくり来ているわけでもない」というケースもあるかと思います。その場合は、大なり小なり怖さを感じてしまう可能性が高い。密室に2人きり、そして相手は別段好きでもない男性…。正当な料金を支払い、「それに見合った快感や癒やしを提供してもらいたい」と望んでいるだけなのに、セラピストさんの秘部がめちゃくちゃ元気だったら──。実は私も、初利用の時には恐怖と嫌悪を感じました。あ! 無理強いされたとかでは全然ないですよ、念のため。


私は、このコラムで皆さんを脅すようなつもりは毛頭ありません。でも、やはり「一般的な女性の体格では、“男性が本気を出した時”の腕力に勝つことは難しい」という現実を、頭の隅に置いておいたほうがよいかなぁとは思います。もちろん、単に元気なだけなら「生理現象ってことね」とスルーして大丈夫だけれど、そうじゃない場合は注意が必要です。


例えば、セラピストさん側が諸々昂ぶってしまい、自ら下着を脱ぎ知らぬ間に全裸となっていたり、ユーザーの身体に(ゴムなしで)秘部をグイグイ押し付けてきたりした際には、はっきり&きっぱりと拒絶したほうがいいと思う。セラピストさんの中には、少数ですが「そうは言っても」「またまた〜ぁ、イヤな素振りなんか見せちゃって♪」という考えの人も存在しますのでね、残念ながら。そのあたりが心配な方は、カウンセリングタイムで早めに意思を伝え、予防線を張っておくのも一つの手かもしれません。


密室で自分の身を守れるのは、他の誰でもない。私やあなた、一人一人のユーザー自身だけだと思います。