女風は、用法・用量を守って正しく利用いたしましょう。

既婚ユーザー・ネギブロコの女性用風俗利用日記

“大金”への耐性

山口県阿武町・4,630万円誤送金問題で、田口翔容疑者(24)が18日、逮捕されましたね。関連ニュースを最初に見た時、私が思ったことは2つ。①「いや役所! 随分大胆に送り間違えたなぁ」、②「24歳なら、この先いくらでも稼げるじゃん。たかだか4,630万円で将来を棒に振るとは、なんて勿体ない」。

 

「たかだか」と書いておいてナンですけれども(汗)、4,630万円は確かに大金です。でも、同時に“自力で稼げる額”でもある。男性の生涯賃金で言えば、5分の1~4分の1くらいでしょうか。その金額のために逮捕され、前科者となり、顔も名前も知られ、ずっと後ろ暗い思いをしながら生きていく…。そんな選択は、私なら絶対にしません。今の年齢でも、24歳の時であっても。

 


「若いうちに経験できて良かった」と感じることは沢山あります。そのうちの一つが、お金にまつわることです。

 

私は10代後半の頃、某巨大有名施設でアルバイトをしておりました。当時は管理体制がゆるめだったのか、はたまた私が謎の信頼を得ていたのか(笑)、バイト3年目くらいから、しょっちゅう売上金の運搬を任されました。その施設は、一日に動く金額がそりゃあ凄まじかったので、放っておくと札束がどんどん積み上がってしまいます。それゆえ、ある程度の額になったら別場所へ移動させる決まりでした。一度社員さんに頼まれて以降、何となく“あれは◯◯さん(←私の名前)の仕事”みたいな空気になってしまったため、警備員さん2人と一緒に、ごくごく普通に3,000万円とかを運んでいたっけ。その時の率直な感想は、「1,000万円って、意外と重量ないんだなぁ」というもの。

 

もちろん、1,000万円が大金であることは理解していたつもりです。ただ10代の私は、大金といえば、映画やドラマで見るような“ジュラルミンケースに敷き詰められた札束”をイメージしていたんですよね。でも実際は、100万円の束の厚さ=約1cm、重さ=約1kgほど。よって、1,000万円は10cm×10kg程度ですから、そのへんにあるトートバッグにだって余裕で入る(笑)。以来、ドラマで身代金を要求されているシーンに出会うと、「5,000万円だったら、そこまで大きいカバンは必要ないですよー」等と冷静にアドバイスしたくなってしまう体質へと変化したのでありました(笑)。

 

アルバイトで得た経験や知識は他にも数多くあるけれど、「1億円以上の現金を“無の心”で見続ける日々」というのはすごく貴重だったし、勉強や訓練にもなりました。キャッシュレス化が進んでいる現代ですが、「小さい頃から“現金に触れる機会”は出来るだけあったほうがいいんじゃないかなぁ」と、個人的には思っています。投資等を含め、マネーリテラシーを身につける時期は、「遅すぎて後悔した…」ということはあっても、早すぎて損をするようなことはないと思います。

 

10代の頃、「意外と軽いな」と感じた1,000万円。されど、いざ自分で貯めようと試みますれば、これが思った以上に長い道のりなんですよねぇ…(泣)。1,000万円を稼ぐこと自体はそんなに難しくないけれど、「稼ぐ」のと「貯める」のでは大違い。自分の通帳に、初めて『残高¥1,000,000』という数字を見た時も嬉しくて相当興奮しましたが、『残高¥10,000,000』の文字が刻まれた時は、嬉しいというより「いや~、ここまで長かったなぁ」としみじみ、そして静かに感激したことをよく覚えています。

「警備員さん達と一緒に、幾度となく運んだ3,000万円。今更ながら、あれってやっぱりものすごい金額だったんだ…。『持てないほど重い』とかじゃなかったけど、貯めるとなったらめちゃくちゃ大変なんだなぁ」

 

私は裕福とは無縁の家庭出身なので、高校生でバイトを始めるまでは、“この目で見たことがある大金”といえばせいぜい20〜30万円程度。1,000万円なんて想像も出来ないというか、「遠い世界の話」くらいに思っていましたが、大人になったら「至極現実的な金額」なんですよね。だから、1,000万円の重さとか体積とか感触とかを、若いうちに五感で直接感じられたのはすごく良かったです。大きい買い物をする時も、その金額を頭の中で視覚的にイメージ出来るし、例えば臨時収入等があったとしても、変に浮かれて(笑)散財したりもしない。そういう意味でも、“完全キャッシュレス化”には抵抗があります。

 

田口容疑者の「オンラインカジノに全額使った」(*24日、約4,300万円が町へ返金されたみたいですけどね)じゃないけれど、きちんとした金銭感覚が身についていない人達もいる中でのキャッシュレス化推進…というのは、諸々弊害がありそうだなぁと予想します。現金を目にせず&手で触らず、画面に並んだ“数字の羅列”を眺めるだけでは、無限に支払えるような錯覚に陥ってしまう人もいるでしょうし、災害時やネットワークの異常等でシステムが機能しなくなった際は、必然的に現金が必要となります。まぁ結局、「日頃から両方の準備をしておくことが大事」ってことなんですよね(笑)。

私は今のところ、現金=7割、キャッシュレス=3割くらいで生活していますが、今後もしばらくはこの割合でいこうかなと思っています。


ちなみに。私の趣味の一つに「旅行」が挙げられるのですが、行き先が異国の場合、“その国のお金”にも注目しています。紙幣も硬貨も、全体のデザインや色合い、肖像画等にお国柄が出るので、時間をかけてじっくり観察しても飽きないんですよね。旅の記念や思い出の品としてもちょうどよいため、残金は両替せずに持ち帰るのが定番です。帰国後は、自前の一眼レフで撮った写真達とともに“その国のお金”を飾って時々眺め、思いを馳せるのが密かな楽しみ。だから、「もし各国でキャッシュレス化が急速に進んじゃったら寂しい」という気持ちも結構あります。そうなる前に旅をしたいけれど、実際に海外旅行を再開するのは…この分だと、まだまだ先の話だろうな〜。

 

セックスフレンド

そのセラピストさんとのお付き合いは、およそ1年。種別はAタイプ(←ほぼ毎回合体する、の意です。詳細は《女風小噺 二. 合体》をご参照ください。なお、しつこいようですが、女風での本番行為は固く禁止されています)なので、今や「定額でこちらの好きな時に会える上、情報漏洩の心配もない安心・安全なセフレ的存在」と言えましょう。


彼は、明るくてお調子者でややチャラいけれど(笑)、真剣な話もきちんと出来る人です。セラピストさんを選ぶ際、トーク力も重要視している私としては大変ありがたい。カラダの相性+会話の相性もよいと、リピート率がぐんと上がる気が致します。


さてさて。その日も楽しくお喋りし、存分にイチャついた後、いざ合体。毎度のことながら、めちゃくちゃ気持ちいいぃ♡ 何パターンか体位を変えつつも、フィニッシュは「顔が見たいから正常位がいいな♪」とリクエスト。すると彼は、繋がったまま私を抱きしめ、耳元で名前を何度も、それはそれは甘〜い声で呼んでくれます。そこまではまぁ普通といいますか、他のセラピストさんを含めて別段珍しくない光景(というかサービスの一環)なのですが、次の瞬間、動揺してしまう一言が…。

「好き」

えぇっ⁉︎ 何それ、何で今更そんなこと言うの? そりゃあ甘い言葉を囁いてくれるセラピストさんはいるけども、あなた全然そういうタイプじゃないじゃん。ここへ来ての急な路線変更って、一体どういうつもり…?(心の声)


相手が“常に色恋営業全開タイプ”のセラピストさんであれば、笑顔でスルーしたり、「私も好き〜」とか適当に答えてやり過ごすのですが、この時は動揺して数秒の間が空いてしまいました。今振り返ると、ちっとも嬉しくない…というより、「私たち、そんな関係じゃないでしょ」的な気持ちが強く、自然に拒否反応が出てしまったんだと思います。例えるなら、仲の良い友人だと思っていた男友達から不意に告白され、しばらく思考が停止してしまった時のような感覚ですね。


私はこれまで、浮気をした経験やセフレがいた経験は一度もないため、“セフレってどんな感じなのか?”がよく分かっていませんでした。「セックスフレンド」という言葉の響きから、「お互い『性欲を満たしたい』と思った時に呼び出し合い、セックスが済んだら速やかに別れる。ただそれだけの、極めて薄い関係なのだろう」と想像していました。でも実際は…というか私の場合は、「セックスも出来る、気の合う男友達」という表現のほうが近いかな?と思います。居心地がよくて、共通の話題もあって、一緒にいると楽しくて、ついでにセックスもする。付き合いの長いセラピストさん達に対して、安心感や“友情に似たもの”は感じているけれど、恋愛感情は全くない。それゆえ、恋人風味満載の「好き」を囁かれて少し引いてしまったのかなと。


「好き」は基本、“言われて嬉しい言葉”だと思いますので、拒否反応を示した自分の感情が、ちょっと面白くもありました。人間の気持ちって、やっぱり不思議&興味深いですねぇ。

 

 

 

推し活予算

20年来の友人・Mは、とあるバンドの大ファンです。都内はもちろん、地方遠征を含めたライブ参戦、あらゆる円盤(CDやらDVDやら)及びグッズの購入、出演番組全チェックと、「『ちょっと好き』とかのレベルじゃなく、ゴリッゴリのガチファン」でございます。それは私も承知しているし、お互い“推し活話”も結構するので今更新しい発見もそうないのですが、先日意外な話題になりました。それは、「今日まで推しに合計いくらお布施した(=使った)か?」ということ。

 

そのバンドを好きになってから、「早や24年が経つ」というM。彼女が公認会計士だからか、単にきっちりした性格だからかは分からないけれど、「お布施額はほぼ把握している」と聞いてびっくり。その額、「現時点で730万円以上」。

 

自虐気味に「そんなに使ってバカだよね〜。周りからも呆れられてるよ…」とLINEしてきた彼女に対し、「ちっともバカじゃない。夢中になれる対象があるのは素敵なことだよ。それに、自分で稼いだお金をどう使おうと自由じゃん。っていうか、“そこまでの長い間、メンバー不変且つ第一線で活動してくれる推し”って素晴らしすぎるんだけど♡」と大真面目に返したところ、興奮したMから秒で電話がかかってきました(ちなみに過去イチ早口でした・笑)。

「だよね! これだけ推させ続けてくれるってスゴイよね! 私、◯◯◯(←バンド名)がいるから頑張れるんだ。仕事は忙しいし、育児も予想してたよりずっと大変で、正直全部投げ出したくなっちゃう時もあるけど、何とか踏ん張れるのは彼らのおかげ。そう考えると、730万なんて安いもんだよねーっ♪」

 

730万円が“安いもん”かどうかはひとまず置いておきまして(汗)、「推しが存在することで頑張れる」「推しを推すために生きている」という人は世の中に大勢います。それが二次元であれ三次元であれ、或いは疾うの昔に他界している人物であれ、その尊さや大切さは皆等しいと思う。


私は音楽全般が好きなので、聴くジャンルも多岐にわたるし、推している人数自体がかなり多いです。よって“たった一人の推し”に大金をつぎ込んだことはないけれど、「もし音楽を奪われてしまったら、精神を保つのはきっと無理だろうな」と、経験しなくとも分かります。

恋した時、落ち込んだ時、嬉しい時、悩んだ時、泣きたい時、絶望した時、高揚した時、頭を空っぽにしたい時、気持ちを切り替えたい時、一人になりたい時…等々、“欲したその瞬間、すぐ側に音楽がない”という状況は考えたくないというか、悲しすぎて想像したくない。

昨秋、人生初の長期入院をした際も、“好きな曲全部入り”のミュージックプレーヤーがなかったら、無事に乗り切れなかったと思います。メンタル的にもフィジカル的にも、“極限まで追い込まれた感”のある入院生活の中で、推し達が奏でるメロディー、綴る歌詞、そして歌声は、私を慰め、励まし、寄り添い、見えない力を沢山くれました。だから、Mの気持ちは痛いほど分かります。彼女は度々、◯◯◯への感謝を口にするのですが、私も「音楽がある世界に生まれて本当に良かったなぁ」と日々感じています。

 

それはそうと、Mから具体的な金額を聞いたせいか、もんのすご〜く興味が湧いてしまい、電話を切った後で勝手に計算してみました。お布施額は24年間で730万円以上ですから、単純計算しますれば、年間30万円くらいが“Mにとっての◯◯◯予算”ということになります。月平均では約25,000円。その額なら、決して「安いもん」ではないにしろ、確かにそこまで高いわけでもないような気がしますね。

私だって、コロナ前は毎年国内外を旅していたし、旅行に並ぶ趣味であるエンタメ(ライブ参戦やら舞台鑑賞やら)や、一眼レフカメラ等を楽しむにも結構お金がかかります。でも、そのお金を「勿体ない」と感じたことは一度もありません。むしろ嬉しいというか、経験・体験を連れ&出演者と共有できたり、風景やお芝居に心を動かされたり、“その瞬間や空気感を閉じ込めたもの(写真とか円盤とか)”を手元に置いたりできる喜びでいっぱい。ここ2年半は、年間何十万円という[旅行予算]が丸々、[女風予算]に回っておりますけれども(笑)、それだって全然惜しいと思わないなぁ。

 

私はきちんと貯蓄をするタイプの人間ですが、“自分が思う必要額”以上に貯め込むことはしていません。どれほど財を成した人物でも、その資産を隠世まで持っていくことは出来ないし、第一、いつまで現世にいられるかなんて誰にも分かりませんのでね。「命は永遠ではない」という至極当たり前の事実を、コロナ以降、実感し続けて…いいえ、“させられ”続けています。

ゆえに、私は「今」を目いっぱい楽しみ、そして存分に味わいたいです。未来はいつだって、今の延長線上にある。私は明日からも、可能な限り「今」を大切に生きていくつもりです。

 

人間の欲望

昨秋病気を患ってから、早いものでおよそ8ヶ月が経過しました。16日間の入院→退院→静養→食事療法&リハビリ→数回の検査→体力作り(ジム通い)を経て、退院して約4ヶ月後に職場へ復帰。入院前と同じような働きは出来ない…というより、無理して再び倒れたりしたら休職の意味がありませんので、色々セーブしつつ仕事をさせてもらっています。

 

復職して、もうすぐ丸4ヶ月。感じたことが2つあります。一つは、「勝手に気負いすぎていたのかもしれない」ということ。

以前の記事「迫られし選択」でも書いたのですが、私は転職してあまり時間が経たないうちに、予期せずチームを引っ張る立場に置かれました。校正者歴四半世紀を誇る直属の上司が、「◯◯さん(←私の名前)が正社員になってくれるなら、俺は同タイミングで辞めたい。他にやりたい仕事がある」と言って退職してしまったからです。私以外には、まだ経験の浅い社員数名とバイトさんしかおらず、前職(記者兼編集者)で相応の知識を得ている私にお鉢が回ってきた。当時は「引き受けざるを得ないというか、多分それがお役目なんだろうなぁ」と思っていました。

 

けれど、私が休んでいる間に、20代後半の女性・Yさんが急成長。私の代理でチームの指揮を執り、「それは見事に統率してくれた」(社長談)そうです。

彼女も転職組で、「もともと出版社志望だったけど全滅した」らしく、大学卒業後に異業種へ。それでも「やっぱり諦めきれずスクールに通い、少しでも出版業に近付きたくて転職活動」し、校正業に就いたという努力家です。もちろん、まだ知識不足、経験不足の面もありますが、ポテンシャルは非常に高い(上からですみません・汗)。意欲も十分だから、きっと実戦で磨かれ能力が開花したんだと思います。「今まで多忙な生活を送ってきたんだし、これからは気楽な立場でゆったり働きたい」と願って転職した私にとっても大変ありがたく、復帰後も引き続きYさんに指揮を執ってもらっています。

 

3ヶ月間の試用期間を終え、晴れて正社員となった昨年6月。「会社がそう望んでいるから。それなりの知識と経験があるから。年齢的にもまぁ仕方ない気がするから」

そんなふうに思って、積極的に「やりたい」とは感じていないチーム長を引き受け、必要以上に責任を背負い込み、全てにおいて頑張りすぎてしまったことを後悔…いえ、反省しています。もっと周りを信じ、任せ、どんどん頼ればよかったんですよね。学生時代から「責任感が強い」と言われ続けており、その自覚もあったけれど、それは長所でもあり短所でもあるんだなぁと実感しました。相手が彼氏とか友達とかだと素直に甘えられるのに、“職場の人”となるとなかなか実行出来ないのはどうしてなんだろう。仕事関連でも、甘え上手な自分になりたいです。

 

もう一つは“欲”について。退院直後は、「とにかく元気になりたい。それだけでいい」と望んでいたのに、いざ元気になると「もっと、もっと」となってくる。もっと動けるようになりたい、もっと筋肉をつけたい、美しく引き締まったボディーになりたい…等々。「私ってこんなに欲深い人間だったんだ」と若干凹んでみたり、「欲が回復してきて良かった。それって心も体も健康に近づいてる証拠なのでは?」と思ったりもします。

 

何の欲もなく、ただ無気力に生きていくのも面白味に欠ける気がしますが、“底知れぬ欲望”というのもそれはそれで相当怖い。例えば。永遠の若さを手に入れたいとか、自分が遊んでいる間もクローンに働いてもらいたいとか、天に召された愛しい人を蘇らせたいとか、思い通りに遺伝子を操作したいとか、限りある資源を独占したいとか、誰かを犠牲にしてでも自分の権力・地位を守りたいとか、他国を侵略したいとか。

 

戦争なんて、百害あって一利なしだと、世界の誰もが知っています。今の人類が本気で殺し合いをした場合、国対国とかの話ではなく、地球丸ごと吹っ飛んでしまう。もしも神がいるとするならば、「人類は本当に愚かでどうしようもない、何度やっても学習しない。放っておいても奴らは勝手に滅ぶ」と呆れているかもしれませんね…。

この先、人類がごく自然な流れで淘汰されるなら抗いようがないけれど、戦争で命を奪われるのだけは絶対に嫌です。民間人でなくとも、“自ら進んで戦いたい人”など誰もいないと思う。なぜ、あんな人物が国のトップなのだろうか。実際に滅亡して自らも命を落とさないと、事の重大さが分からないのだろうか。だとしたら狂っている。

 

 

 

《小噺 十七. 緊張》

先日、コメント欄にてご質問を頂戴しました。要約すると、下記のような感じです。

「私は、イケメンを前にすると、緊張して挙動不審になってしまいます。相手の目を見れないし、うまく話もできません。でも、一度は女風を利用してみたいです。どうすればいいでしょうか…?」(*「お答え頂ける、頂けないにかかわらず、コメントは載せないで下さい」とありましたので、原文の公開は控えます)


いや〜、分かります! 私も女風について調べ始めてから、実際に利用するまでは約3ヶ月掛かりました。今でも、新規のセラピストさんを指名する時はめちゃくちゃ緊張します。


さてさて。お答えですが、私だったら、ご質問内容をセラピストさんにそのまま伝えるかなぁと思います。「すごく緊張してるので、目も見れないしうまく喋れないかもしれないですけど宜しくお願いします」と。

初回利用では、緊張していないユーザーのほうが少ないでしょうし、セラピスト側もそういう心理状態を承知していると思います。ゆえに、気に病むことは何もありません。


それと、「相手の目を見られない」件ですけれども、施術が始まってしまえば、実はそんなに目は合わないから(笑)大丈夫です。キスを交わす時も、マッサージをしてもらっている最中も、プレイに移行してからも、ユーザー側は“目を開いている時間”より“瞑っている時間”のほうが恐らく長い。

もし、あまりに緊張しすぎて楽しめなそうだったら、(視力が悪い場合は)コンタクトや眼鏡を外して裸眼になり、敢えて視界をぼやかすのもいいと思います。最終手段としては、「自分もしくは相手に目隠し(アイマスクとか)をしちゃう」という手もごさいますよ♡


満足いく答えになっているかどうか若干不安ですが(汗)、少しでも参考になれば幸いです。それでは皆さま、オヤスミナサイ♪

 

ムリ。ポイカツ。

皆さんは、“ポイ活”ってされてますか? 私はほとんどしておりません。「ポイントサイト」なるものが多数存在する事実を知ったのも、恥ずかしながらつい先日のことでございます(汗)。


お店で買い物をする際、少し前なら「ポイントカードはお持ちですか? すぐお作り出来ます」と、今なら「専用アプリをダウンロードするだけで500円オフになりますよ」等と店員さんが言ってくれるけれど、私の答えは毎度「いえ、大丈夫です」。理由は単純明快、面倒だから。

 

“再度訪れるかどうか分からないお店”のポイントカードで財布をパンパンにしたくないし、その場でアプリをダウンロード→スマホ画面を店員さんに見せる…という時間も何やら無駄な気がしてしまうのです。再び行ったとて、「財布やスマホの中をいちいち探すのか?」と想像すると、そりゃもう超絶面倒くさい(笑)。

ポイ活好きな友人・Hからは、「もったいない、損してるよ。よく行くお店のだけでも(ポイント)貯めたら?」と言われるのですが、別に損はしてないと思うんですよね。「得もしていない」というだけで。Hにそう返したら、「それは確かに!」と納得していました(笑)。

 

ただし例外もあります。自ら集めに行かなくとも、“勝手に付与してくれるポイント”ってあるじゃないですか。使った金額によって、自動的に付与されるやつ(例えば「100円につき1ポイント贈呈」とか)。あれは本当に便利だと思います、大好きです♪ 

私の場合は、ネットスーパーとタワレコオンラインの利用頻度が高いんですけれども、知らないうちに貯まっていることが多く、まさに「得」した気分。過日、やや久しぶりにタワレコオンラインでCD+Blu-rayを注文したらば、ポイント残高を見てびっくり。5376ポイントも貯まってる〜! ということは、合計額の半分近くをポイントで支払える計算になります。う、嬉しい♡

 

Hに上記の報告をしたところ、「ほら、めっちゃおトクでしょ? タワレコだけじゃなくて他のお店でも得できるんだから、これからはじゃんじゃんポイント貯めなー! ついでにもう一歩進んで、ポイントサイト登録してみなー!」とのレス。

いや違うのよ、自動的に付与してくれるシステムだから貯まっただけなのよ…。自ら集めに行ったり、常にポイントを意識しながら買い物したりするのは面倒なのよ…(汗)。

 

虚無

推しのライブBlu-rayを観ながら、まったり過ごしていた本日(5/5)の午後。「そろそろスーパーにでも行こうかな〜」とテレビを消そうとした時、画面にワイドショーが映し出されました。流れてきたのは、大変悲しいニュース。

「俳優・渡辺裕之さんが5月3日、自宅で亡くなりました。死因は縊死、享年66歳」

 

「は?」と思いました。渡辺裕之さんって、あの渡辺裕之さん? 筋肉ボディーの、ダンディーを絵に描いたような、あの? ワイドショーだから、過去の映像や宣材写真も一緒に映っているわけで、「あの渡辺裕之さん?」と確認するまでもありません。にもかかわらず、信じられない気持ちが強かった。

 

私は、前職でエンタメ系雑誌の記者をしていたのですが、その際何度か、渡辺さんを舞台で拝見する機会に恵まれました。取材対象者は別の俳優さんだったけれど、渡辺さんの優しさと“心の奥の熱さ”を感じさせるお芝居、楽屋近辺でお会いした時の、丁寧かつフレンドリーな挨拶に、「本当に感じが良くて素敵な方だなぁ♪」と思っていました。長いキャリアをお持ちなのに、後輩俳優にもスタッフさんにも、私のような若輩者の記者にも、高圧的な態度を全然取らない。いつもニコニコされている印象でした。

 

およそ2年前、三浦春馬さん、芦名星さん、藤木孝さん、竹内結子さんが亡くなられた時も、もちろん驚いたし辛かった。でも、実際お会いしたことのある俳優さんの急な旅立ちはより辛いというか、ショックが大きいものなんですね…。大袈裟じゃなく、心臓が痛い感じがします。泣いても仕方ないと分かっていますが、涙が勝手に出てきてしまう。

 

私に出来るのは、ご冥福をお祈りすることだけです。辛いし悲しいし虚しいし動揺しているけれど、それ以外は何も出来ない。本当に無力です。