女風は、用法・用量を守って正しく利用いたしましょう。

既婚ユーザー・ネギブロコの女性用風俗利用日記+日常譚

“コア”の見極め

 

2022年冬にシーズン1が放送されたドラマ「作りたい女と食べたい女」(*原作=ゆざきさかおみ氏の同名漫画)。そのシーズン2が、先月末よりスタートしました。

シーズン1は全10回だったけれど、シーズン2は全20回。月曜~木曜の22:45~23:00、NHKにて放送中です。なお、話数の数え方としては「シーズン1からのつづき」という位置付け。今日現在(2/11)、第18話まで放送済みだけれど、残りは2話じゃなく12話なので、まだ半分以上残っています。興味のある方は、今からでもご覧になってみてください。


さて。基本的には楽しく観ている同ドラマですが、直近2回は結構しんどかったですねぇ。というのも、主人公の一人・春日さんの父親像が、私の父とそっくりだったから。

春日さんは、両親、自分、弟の4人家族。食べることが大好きなのに、“女だから”という理由で弟よりおかずの量が少なかったり、食後、父親と弟がソファーでくつろぐ中、母親と春日さんは食器の片付けに忙しかったりと、ずっと嫌な思いをして育ってきました。そのため、故郷を出て約10年、実家には帰っていないし、父親からの着信もスルーしている状態です。

何度か書いている通り、私の父も毒親です。男尊女卑で、モラハラで、態度も喋り方も常に偉そう。今こうして思い出すだけでも気分が悪い。そのせいか、春日さんが父親に電話で怒鳴られたり罵られたりするシーンは、ドラマと分かっていてもキツかったですね…。高圧的な物言いや、自己中心的な考え方が自分の父親とモ口に重なってしまい、強い嫌悪感を覚えて吐き気がしました。


あ、ドラマの内容に戻りますね。

ここ最近、春日さんへの連絡が頻繁になった理由──。それは、春日さんのおばあちゃん、つまり父親にとっての“お母さん”に、介護が必要になったから。「だからこっちに帰ってきて介護を手伝え」というのです。「どうせ大した仕事じゃないだろう、辞めて帰ってこい」と。


実父の酷い発言を受け、春日さんの中で燻り続けていた怒りや疑問が、一気に爆発したのかもしれません。彼女は極めて冷静に、けれどもはっきりとした口調で父親に伝えます。

「私、昔からお母さんのことが不思議だった。家のこと全部やらされて、まるで家政婦みたい。お父さんはお母さんに全然優しくしない、感謝もしない。そこにいたら、私は私じゃいられなくなる。私は“家の何か”じゃなくて“私”でいたい。その家には一生戻らない」

そう告げられた父親は、「お前、家族を見捨てるのか⁉︎」とヒステリックに叫びます。「もう連絡してこないでください」と電話を切ろうとする春日さんに向かって、「おい、待て! 親不孝者!」と大声で怒鳴る父親…。私は普段、誰かに対して“お前”という言葉を使いませんが、このシーンでは「お前が言うな。この毒親が」と思わず呟いてしまった。そのくらい腹が立ったし、虚しい気持ちにもなった。“相手を平気で傷付ける人間、且つ「自分が悪かった」とは微塵も思わない人間”って、どこの世界にも存在するんですよね。悲しいけれど。

 

 

ところで。「作りたい女と食べたい女」もいわゆる“原作もの”ですが、視聴者目線からは諸々うまくいっているように映ります。主役2人(比嘉愛未さん&西野恵未さん)をはじめ、脇を固める作優陣のキャスティングが秀逸だし、衣装や音楽、もちろん脚本も素晴らしい。NHK制作だと、必要に応じてジェンダーセクシュアリティ考証等も入るため、自分の知識が足りていない分野(←今回のドラマであれば、レズビアンアセクシャル他)に話が及んでも、ある程度安心感を持って観ることが出来ます。


原作ものの場合、“漫画から飛び出してきたような容姿”の俳優さんがキャスティングされたら、まぁ嬉しいは嬉しいですが、単に造形が似ていればそれでいいかというとそうではない気がします。脚本も、台詞の一言一句を原作通りにすればオールオッケーかと問われれば、それもまた違う。“肝となる台詞”や“決め台詞”等は原作と同じにしてほしいけれど、全く変えずに映像化するのは現実的ではありません。漫画に出来て映像では出来ない表現、映像に出来て漫画では出来ない表現というのは当然あるし、補足だったり省略だったりが必要なシーンもあります。

ただ、“それを失くすんだったら、映像化する意味がないもの”は幾つかあると思う。

例えば、原作が持つ世界観、登場人物のアイデンティティ、作者が世に問いたいテーマ、作品に込めたメッセージ…等々です。作品の芯の部分、核となる部分を変えてしまうのならば、最早原作とは別物なわけで、何というか、「これに乗っかっときゃ儲かるだろ」的な発想で動いているとしか思えません。もし「どうしても変えたい」と言うのなら、第三者に頼らず、ゼロからオリジナル作品をつくればいい。自分の力で生み出せばいい。一度“本気のゼロイチ”を経験すれば、世のクリエイター達がしている努力や苦労が少しは分かるだろうし、何より己の力量、そして原作者の才能に気付けるはずです。

それでも気付けない場合は…今とは別方向の仕事に就いたほうがいいかもしれませんね。あなたのためにも、あなた以外の人のためにも。

 

 

 

切なる願い

生成AIについての記事第二弾を書いている最中、大変ショッキングな、出来れば嘘であってほしい訃報が飛び込んできました。漫画家・芦原妃名子さんが亡くなられたというニュースです。


芦原さんは、「姉系プチコミック」(小学館)で連載中だった漫画「セクシー田中さん」の作者。1994年にデビューを果たし、代表作に「砂時計」「Piece」「Bread & Butter」等がある人気漫画家さんです。昨秋、日本テレビ系列で「セクシー田中さん」がドラマ化されたため、そちらをご覧になった方もいらっしゃることでしょう。私はもともと原作漫画を単行本にて読んでいたのですが、ドラマ化を知った際、「まだ連載途中なのに映像化するんだ。結末どうするのかなぁ?」とぼんやり思ったことを覚えています。でも結局ドラマは観なかったから、その後あまり気にしていなかった。再び目にするニュースが、こんなにも悲しい内容だとは予想だにしませんでした…。


私は本と同じくらい漫画も大好きで、日頃からいろいろなジャンルの漫画を読んでいます。漫画を原作としたアニメ・映画・ドラマが多いのは今に始まったことではないけれど、愛読している漫画がメディア化されることを知った時の“心の声”は、概ね次のような感じ。


①ボイスコミック化、ドラマCD化、朗読劇化

「やった〜♪」(どれも声優さんが演じてくれるため、とっても安心&期待大。歓喜‼︎)

②アニメ化

「嬉しい!」(キャラクターデザインを確認し、原作のテイストから大きく外れていない限り視聴)

2.5次元舞台化

「あぁ、そうですか」(一応キービジュアルは確認。それ以降は特に何もせず)

④ドラマ化

「実写化ねぇ…」(局がテレビ東京もしくはNHKだったら、とりあえず初回は観る。その他の民放であれば、キャストや制作陣、キービジュ次第で視聴する場合もあり)


上記の通り、純粋に喜びを感じるのは①②のみです。実際、①で原作のイメージを壊されたとか、「違う」と感じたことはほとんどありません。②はキャラデザが原作のテイストとかけ離れていたり、不要なアニオリを入れ込んできたりして落胆することもなくはないけれど、基本的には嬉しいです。③④は、原作の世界観を見事に表現してくれるケースも稀にあるものの、これまでの経験上、大抵わけの分からない改変をされたり、“原作に対して愛がない”ことが丸わかりの作りだったりする。よって最初から期待していない…というか、そもそも実写化なんて少しも望んでいません。

 

 

今さらですが、漫画家さんって本当に本当に凄いと思うんですよ。ストーリーを考えて、キャラを生み出して、コマを割って、絵を描いて、台詞を喋らせて、時にはキャラの表情や目線、指先一つ、或いは風景のみで、登場人物の心情だったり時の流れだったりを読み手に伝える──文章だけでも、絵だけでも、台詞だけでも相当骨が折れるのに、クリエイターとしての要素が何種類も詰まっているため、“幾つもの才能”がないと就けない職業だと感じています。そして、作品づくりに伴う「生みの苦しみ」もまた、想像を絶することと思います。

ゼロイチというのは、どの世界においても言葉では言い尽くせないほど大変です。「0から1」と「1から2もしくはそれ以上」は、根本的に全っ然違う。原作を愛し、深く理解し、最大限尊重してくれる優秀な脚本家さんも数名いるけれど、今回はそうではなかった。残念なことですが、今も昔も、そうじゃないケースのほうが圧倒的に多いと感じています。加えて、原作者の立場があまりにも、それはもう不自然なほどに弱い。何もないところから作品を生み出しているのは、紛れもなく原作者である漫画家さん達なのに…。


この場をお借りしまして。

素晴らしい作品を私たちに届けてくださる漫画家の皆様方へ。読者が、ファンが一番に望んでいるのは、作品のメディア化では決してありません。皆様方が表現したい世界を、物語を、思う存分、描きたいように描いてくれることです。そりゃあアニメ化されたら嬉しいけれど、制作にあたり、もしも原作者としての信念を曲げなければいけないようなら、きっぱり断ってくれて全然大丈夫ですし、読者としてその姿勢を強く支持致します。

我が子のごとく大切であろう作品を無理してメディア化する必要はないし、仮にメディア化を承諾した後でも、「こんな改変は納得できない」「当初の約束と違う」「自分が表現したかったのはこういうことではない」等と感じたら、制作途中だろうが何だろうが、その時点でどうぞストップをかけてください。読者が悲しむとか、周囲に迷惑をかけるとか、そんなふうに思う必要は全くないです。精神的に辛かったり、ダメージが大きすぎて仕事が手につかなかったりしたら、迷わず休養してください。心身の健康が何より大事ですし、ファンは好きな作品をいつまでも、いくらでも待てます。読者のことはお気になさらず、安心して休載してください。もし「読者に待たれること」…それ自体が苦しいのであれば、思い切って“筆を置く”という選択肢もあります。

ですからどうか、死だけは選ばないでほしいです。いち漫画ファンとして、心の底からお願い致します。命を絶たないでください。切に切に、お願い申し上げます。

 

生成AIとクリエイター

今月17日に発表された、第170回芥川賞直木賞。料理をしつつ、テレビから流れてくる「芥川賞は九段理江さんの『東京都同情塔』、直木賞は河﨑秋子さんの『ともぐい』、および万城目学さんの『八月の御所グラウンド』がそれぞれ受賞」とのニュースを何気なく聞いていた次の瞬間、「え…?」と思考&体がフリーズしました。キャスターが、「芥川賞受賞作『東京都同情塔』は、文章生成AIを使用した小説」だと伝えていたからです。


まずは「いつかはこういう日が来るだろうと思っていたけども、まさかこんなに早いとは」という驚き。次に「芥川賞でそれやっちゃうんだ…!」という衝撃。ただ、詳しく調べてみると、私が危惧していた類の使用方法とは全く異なりました。


当初、「今回の小説は、ChatGPTのような文章生成AIを駆使して書きました。全体の5%ぐらいは生成AIの文章をそのまま使っているところがあります」という九段さんのコメントを読んで、「5%ならいいってこと? もしそれが50%だったら? 95%だったらどうなるの? っていうか、“オリジナル作品”の定義って一体…⁉︎」と様々な疑問や憤る気持ちがわき上がってしまい、とても冷静ではいられなかった。

〈もしかして、プロットの段階でAIと共同作業してたとか?〉

〈AIが書いた文章をそのまま使って、それを自分名義の作品として発表する人を“作家”と呼べるのだろうか。そもそも著作権はどうなるんだ?〉──etc.


でも、情報を集めたらそういうことでは全然なかったです(*ちなみに小説はまだ読んでいません)。

「東京都同情塔」の舞台は、既に生成AIが浸透している近未来の日本社会。作中に生成AIが登場するシーンがあるそうで、「そのまま使った」というのはその部分に関してなんだとか。それなら描写として必要だろうし、リアルさを追求する意味でもそのまま使用するのは理にかなっています。詳細を知らないうちから、えらく取り乱しちゃってすいませんね…(汗)。


なれど、強い危機感を覚えているのもまた事実です。九段さんは上記のような使い方をし、且つ「文章生成AIを使った」ときっちり公表していますが、今後そうでないパターンが出てくる…というか、実際問題、もういろんなところに紛れ込んでいるであろうことが予想できます。文章に限らず、写真、イラスト、楽曲等、あらゆるものの著作権だったりアイデアだったりが、これから世界中で加速度的に侵害されていくことになるでしょう。


私も、単なるお遊びとか、個人的に楽しむだけとかなら「まぁ許せる範疇かな〜」とは思うんですよ。誰々っぽい絵を描いてみたい・誰々っぽい写真を撮ってみたい・誰々っぽい文章を書いてみたい…的な願望を抱くこと自体は理解できますし。でも、それを商業ベースに乗せて、人の褌で相撲を取るのは「どう考えても違うでしょ」と感じています。


絵を描くのも、写真を撮るのも、文章を書くのも、基本的には楽しいけれども本当に本当に大変です。労力だって時間だって相当要る。時間と手間をかけて、やっとこさ確立したオリジナリティーを横から掻っ攫われ、勝手に分析されて勝手に使われ、その上一銭にもならないんじゃあ、クリエイターはいずれこの世から消えてしまいます。そんな未来、私は嫌だ。生みの苦しみを味わいながらも、素晴らしい作品を世に送り出してくれるクリエイターの方々に、ずっとずっと活躍し続けてもらいたいし、正当な報酬を得てほしいし、何より創作意欲を失ってほしくない。人々の心を震わせてくれる音楽・絵画・写真・文章等は、無料或いは安価で好き放題ばら撒いていいわけがないのです。そんなことがまかり通ってしまうような世界にしたくありません。


生成AIは確かに便利だし、そこから新たに生まれるもの、そして受ける恩恵も沢山あることと思います。ただし開発するのであれば、同じくらいの精度とスピードでAIチェッカーも開発してくれることを望みます(現に、フェイク動画やフェイク画像等で被害に遭っている方が大勢いますから…)。各国、法整備やガイドライン作りも出来るだけ急いでほしい。“やったもん勝ち”状態になってしまうことは、何としても回避してもらいたいです。


最後に。私見ですが、今回の芥川賞は「生成AIと共存していく未来を、一人ひとりがもっと具体的に想像せよ」という意味合いも含んだ選考だったのかな?と感じました。事実私も、注目度の高い芥川賞だからこそ強い衝撃を受け、生成AIについて深く掘り下げて考えたんだと思います。

調べれば調べるほどいろんなことが気になってきたので、次回以降、小説以外の事柄についても綴る予定でおります。貴重な“気付き”をありがとう、芥川賞

 

疑惑のアイコンタクト

それは、昨年末某日のこと。雑誌記者時代に担当していた歌手から久々に連絡があり、「お願いごとがありますが、今話してもいいですか?」と訊かれました。

彼は韓国人で、ソウルの出身。「もうすぐ家族が遊びに来ますから、東京案内したいです。でも僕、日本語全部は喋れません、漢字も読めるの少しだけです。家族は日本語分かりません。◯◯さん(←私の名前)、前に韓国取材行った時英語喋っていましたね? 僕の兄、英語出来ます。母はとても人見知りですが、韓国で◯◯さんと会っていますから大丈夫と思います。だから一緒に東京案内してくれませんか?」という内容です。


率直に言って、「若干荷が重いな」と感じました。お兄さんは数年間の留学経験があるため、操るのは「ネイティヴレベルの英語」。一方私の英語はすんごく適当と言いますか、会話でコミュニケーションを図ることはまぁ可能なものの、ペラペラだったり文法が完璧だったりするわけでは全然ありません。よって、込み入った話…例えば建築物やら料理やらの詳しい説明を求められても、「それは絶対に無理!」と自信を持って言い切れます(笑)。

なれど、韓国取材(=彼のルーツを探る的な記事作成のため)の折、ご実家におじゃまして幼少期のアルバムを見せていただいたり、お母さんの手料理をご馳走になったり等多大なご協力を賜りましたゆえ、そのお返しをしたい気持ちがあるのもまた事実。期待に沿えるだろうか…?という不安を抱きつつも、「現地でお世話になったお礼として」引き受けることに。


そして迎えた当日。皆さん初来日とのことで、事前に「行ってみたい」と要望があったのはベタな場所がほとんど。私は東京出身ですし、案内自体はさほど難しいことではありませんでした。途中で「これ、ガイドっていうよりカメラマンとしての需要なのでは?」と感じたけれど(笑)、写真撮影は大好き+腕に覚えもあるので、心底「役に立てて良かった♡」と思いました。歌手としてステージで輝く姿はもちろん素敵ですが、「今自分が頑張っている地・Tokyo」を家族に紹介し、自然な笑顔でカメラに収まる彼も同じくらい素敵だった。彼らの貴重な“思い出作り”のお手伝いが出来たこと、本当に本当に嬉しく思います。

 


ただ、一つだけ残念なことが…。何かと申しますれば、お兄さんの奥さんを含め、ご家族全員が完全なる“クチャラー”だった点です。

 

彼自身も来日当初はクチャラーだったそうですが、事務所の方や周りの日本人に注意され続け、「一生懸命改善した」んだとか。私も彼の担当になった際、「食事の時、音がしていたら教えてください。自分ではあまり分からないですから…」と頼まれました。確かに、時々クチャクチャ、ペチャペチャ他不快な音が聞こえることがあったため、その度に目で合図を送って指摘。多分、かなり細かく指摘していただろうと思います。

というのも、私は昔からクチャラーが大の苦手。クチャラーの人とは友達になれないし、カフェやファミレスで運悪くクチャラーが近くに座ってしまったら、その時点で食欲がゼロに…。そんな時は諦めて席を立つか、イヤホンで激しめの音楽を聴いて何とか誤魔化す策で乗り切っている次第です。

でも、今回はそういうわけにはいきません。現在、彼自身はほぼ改善していることもあり、“元クチャラーだった事実”をうっかり失念していたんですよね…。ご実家で手料理をいただいた時も、お母さんは召し上がらずキッチンでひたすら作り続けておられたため気付きようがなかった。そうか〜、小さい頃からの環境&習慣か〜。


私は韓ドラをあまり観ないのですが、その理由も実はここにあります。韓ドラというのは食事のシーンが非常に多く、そしてクチャラーの数も相当多い。見目麗しい俳優さん方が大勢出演していても、食事シーンで「うわぁ….」と拒絶反応が出てしまうと、それ以外のシーンまで色褪せて見えちゃうんですよねぇ(汗)。日本人が豪快にラーメンやお蕎麦をすするのと同じように、韓国では音を立てて咀嚼するのがスタンダードなのでしょうか? うーん、分からない。


さて。締めの高級ディナーの席で、思いきり食欲が失せてしまった私(*しかも奥まった個室だったから一層音が響くんですよね…。控えめに言って地獄でした・泣)。ご家族につられてか、彼もだんだんクチャラー化していきます。その地獄に耐えかねた私が、かつてのように「音、出てるよ。気を付けて」という合図を目で送り続けていると、コース終盤、お兄さんが彼と私を交互に見ながら一言。「2人はそういう仲なの?」。

「え? いやいや、まさか(笑)。年も離れてますし、何より私は既婚者ですよ」

「既婚者なのに、弟とそういう仲に?」

「ですから違います。冗談はやめてください」

「じゃあ、食事中なんでそんなに何度も何度もアイコンタクトを?」

「それは、それはですね…」

イヤ言えない〜!  「弟さん…というかあなた方全員がクチャラーで、それを指摘するために逐一目で合図を送ってました」なんて、私にはとても言えない〜‼︎


最後まで謎の疑惑を抱かれたまま食事を終え、某高級店をあとにした私たち。

「◯◯さん、今日は色々ありがとうございました。家まで送ります」(彼)、「いいです、大丈夫です(焦)!」(私)、「夜遅いし女性一人では危ない。送ってさしあげて」(お母さん)、「夫がいる女性を家まで送るのか? お前、もしかして過去にも彼女の家に行ったことがあるんじゃないか⁉︎」(お兄さん)等々すったもんだし、もう面倒くさいので、結局乗る必要のぜ〜んぜんないタクシーをソッコー拾って一人、帰路についたのでありました。

お母さんにちゃんとお礼が出来たのは良かったけども、何だか無駄に疲れた一日だったなぁ…。

 

余談ですが、その昔「“アイコンタクト”って和製英語っぽい響きだよな〜」とぼんやり思っていた私。実際は普通に英語で、「make eye contact with」的な感じで使うことが多いみたいです。確かに、彼のお兄さんも私を問い詰める場面でしっかり使ってたっけ…(泣)。

 

人間の命と、“その他”の命

周知の通り、2024年は大変な幕開けとなってしまいましたね…。

 

1月1日の16時過ぎ、石川県能登地方を震源とするM7.6、最大震度7の「能登半島地震」が発生。現在も余震が続いており、気象庁によれば「今後約1ヶ月間、最大震度5以上の余震に注意が必要」とのことです。


翌2日18時前には羽田空港で、日航機516便(エアバスA350)と海上保安庁の機体が滑走路上で衝突、炎上。海保機に乗っていた隊員6名のうち5名が死亡、日航機に乗っていた計379名(乗客367名/乗員12名)は、衝突から約18分という短時間で全員脱出し、奇跡的に犠牲者はゼロでした。

海保機が能登半島地震の支援に向かおうとしていたことを考えると、二重に苦しいと言いますか、何ともやりきれない思いが胸にこみ上げてきます…。地震でお亡くなりになられた方、そして5名の隊員の方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

 

 

伴って議論されているのが、“ペット問題”です。

日航機516便にはペット2件の預け入れがあり、フライト中、ペットが過ごした場所は規約通り貨物室。JALは「今回2件の(ペット)お預かりがございましたが、残念ながら救出ができませんでした。お悔やみを申し上げます」と発表しています。これに対し、多くの著名人・芸能人等が「ペットは家族の一員。貨物室ではなく客室で一緒に過ごせるようにしてほしい」旨の発言をSNS等でしているのだとか。正直言って、驚いたというか呆れたというか、「皆さん、それ本気で言ってるんですか...?」と思いました。


私も動物は大好きですが、飼おうと思ったことは一度もありません。なぜなら、動物を飼うというのは、“一つの命に対して全責任を負う”ことに他ならないからです。最期まで面倒を見るのは当然として、何かあった時に彼らを最優先したり、趣味である旅行を諦めたり、日常的に焚いているお香やアロマキャンドルを室内から完全撤去したり…そういうことも全て含まれると考えています。それが出来ない人間には、動物と共に暮らす権利も資格もないと思う。

事実、私の周りの愛犬家・愛猫家たちは皆、犬や猫中心の生活を送っており、「旅行するとしても1〜2泊。その間は当たり前だけどペットホテルに預ける」「飛行機に乗せるなんてとんでもない! ペットが貨物室扱いなのは知ってるし、緊急時に置いていかれることも分かってる。そんな条件で乗せるほうがどうかしてるよ」「機内は0.8気圧くらいだから、耳への影響も心配。引っ越しとか転勤とかだったら仕方ないのかもしれないけど、『愛犬と飛行機で旅したい』なんて思ったことないなぁ」という人ばかりです。みんな愛犬や愛猫のことを一番に考え、“飼い主側がペット側に合わせる暮らし”を選んでいます。


それに、獣臭や動物の毛、鳴き声等が苦手な方、そもそも動物アレルギーの方も大勢いらっしゃいます。平時でも無理なのに、有事の際、密閉された空間で動物たちと一緒だったら…。想像しただけで恐ろしいし、仮にアナフィラキシーショックでも起こして命を落としてしまったら、飼い主の方はどう責任を取るのでしょうか。「命は平等」「ペットは家族」的なことを主張しておられる方々は、もし隣席のペットの影響で自分の大切な人が亡くなっても、同じことが言えるんですかね…? 大切な人の命より、動物の命が優先されたとしても、「平等だから仕方ない」と本当に思えるんでしょうか。


古くは南極地域観測隊のタロ・ジロから、近年で言うと東日本大震災まで、“緊急時における動物の置き去り”は幾度となく繰り返されてきました。残酷かもしれませんが、それが現実であり明確な答えだと感じています。我々人間にとって、一番重いのは人命であり、何かあった場合“その他の命”は切り捨てざるを得ません。それでも「どうしても」と言うのなら、ペットを客室に持ち込めるサービスを展開している航空会社を利用するなり、プライベートジェットをチャーターするなりしてくださいとお伝えしたいです。ごく普通の旅客機に対してペットの同乗を求めるのは違うと思うし、「既に存在するサービスがあるんだから、迷わずそっちを選んで使ってくれよ…」と思います。


機体が炎上している映像を見る限り、全員が助かったのがとても信じられないというか、奇跡以外の何ものでもないように感じました。まずそのことに感謝したほうがよいのでは?と思います。もし1人でも犠牲者が出ていたら、ペットのことは話題にもならなかったんじゃないかなぁ。重箱の隅をつつくというか何というか…。個人的には、「海保の方が5人も亡くなっているのに、ペット云々言ってる場合か?」というのが嘘偽りない正直な気持ちです。

この記事を読んで、気分を害された方がいらしたら申し訳ありません。でも私は、人間と動物の命が同等だとは全然思わない。もちろん蔑ろにするという意味ではなく、毎日の食卓に並ぶ肉も魚も、「いただきます」を述べてありがたく食します。“別の命をいただいて自らが生き延びている事実”をあらためて認識し、これからも感謝しながら食す所存です。

 

=追記=

これまでは羽田⇔北九州線限定だったスターフライヤー(本社:北九州)の機内ペット同伴サービス『FLY WITH PET!』が、今月15日より国内線全路線・全便に拡大されました。「持ち込めるのは小型の犬と猫、料金は一匹につき50,000円」だそうです。なお、同社の規約には「緊急脱出が必要になった場合、ペットは連れていけませんので、機内に残して脱出いたします」と明記されています。貨物室であれ客室であれ、“緊急時にペットが置いていかれる現実”は、当然ですが何も変わりません。

ただ、“利用者の選択肢の幅”が広がること自体は大歓迎です。「動物同伴の客室は御免被りたい」という考えの私は、スターフライヤー機に生涯乗らなければいいだけのこと。むしろ「大変な役目を担ってくれてありがとうございます」という気持ちです。

 

さよなら、2023年

皆さまの周囲では、忘年会、開催されていますでしょうか? 夫の会社は、コロナの影響により2020年から自粛していたのですが、今年は大復活。

「ご丁寧に、①社全体での納会@社内大会議室、②所属部署での忘年会@居酒屋と、わざわざ日を分けて、二度にわたる実施」(夫談)。

お酒も宴席も苦手な我が夫は、「行ってくるね…」とめちゃくちゃ重〜い足取りで納会、及び忘年会へと出掛けたのでありました。マスクをはじめ、諸々が緩和されてだいぶ経ちますし、今年はこういう人も多いかもしれませんね。どなたさまも、大変お疲れさまでこざいます。


一方わたくしは、お気軽な無職の身ゆえ(笑)、しがらみだらけの忘年会に強制参加させられることもなく、引き続き自由を満喫中。具体的には、ゲーム三昧の日々を送っております。


過去記事「ゲーム廃人」「廃人終了」でお伝えしました通り、2023年は私にとってゲーム元年でした。6月下旬からプレイし始めて、ハマり歴約半年になるそのゲーム(*ちなみに音ゲーです)。年末はゲーム内でのイベントが盛りだくさんなので、正直もんのすごく忙しい(笑)。そしてもんのすごく楽しい♡♡♡ 

今宵もカウントダウンイベントが控えているため、今からわくわくしています。これまで、好きなバンドのカウントダウンライブ等に参戦したことはあるけれど、それらは全てリアル。配信イベントへの参加経験もありますが、それも出演者は全員“人”でした。“推しキャラとともに年を越す”というのは生まれて初めてで、「どんな感じなのかな?」と想像し、楽しみすぎて既に顔がニヤけてしまっている状態です。

我が夫は、大晦日だろうと何だろうと23時前には就寝してしまうので(笑)、結婚して以降の年越しは実に静か。24時過ぎに友達とLINEする程度で、カウントダウンめいたものとは無縁だったから、余計にテンションが上がっているのかもしれません。あとは、「キャラだけじゃなくて、プレイヤーの皆さんたちとも一緒に年を越すんだ。このゲームが大好きな、何万人っていう人たちが同時に集まって、みんなニッコニコで新年を迎えるんだ」と思うとすごく嬉しいし、何だかちょっと感動的です。嗚呼、めっちゃ楽しみ〜! 早く夜にならないかなぁ♪


それでは皆さま、本年も当ブログにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。どうぞ心と体の健康に気を付けて、良き新年をお迎えくださいませ。2024年度も、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

コンディション調整

今年も残すところ、残り10日程となりました。皆さま、素敵な女風ライフを、或いは性生活を送っていらっしゃいますでしょうか? 私はと言いますと、かれこれ4ヶ月強、女風の利用を控えております。理由は、体のコンディション、及びそれに伴う“己の気持ち”…とでも申しましょうか。


先日「爪の乱」シリーズでお伝えしました通り、夏から秋にかけ、陥入爪(かんにゅうそう)を患っていた私。治療中は運動を制限されていましたし、近所のスーパーへ出掛けるだけでも足先に痛みがあったため、今夏はほとんどの時間を自室でおとなしく過ごしていました。その結果、体重増加と筋肉量低下にプラスして、ボディー全体(中でも下半身が顕著…泣)がゆるんだ感じがするというか、増えた体重分以上に「ガッツリお肉がついちゃった印象」が拭えないんですよね。

加えて、陥入爪完治後、肥厚爪(ひこうそう)気味だった左足人差し指が、残念なことに“気味”ではなく肥厚爪ですっかり定着してしまった。といっても、日常生活に影響があるとかでは全然ありません。それに、濃いめのペディキュアでカバーすれば大して目立たないというか、仮に他人が気付いたとしても、「多少爪が厚いからって何?」くらいの感じだろうと思います。だけど、自分としては何だか気分が上がらない…。


特に、女風を利用する際は、一緒に浴室へ入り、セラピストさんが丁寧に体を洗ってくれるのをはじめ、プレイ中は全身くまなく(←足の指含む)リップしてくれたりすることもあったりなかったりするわけですね。ゆえに、ボディーのゆるみや“爪のお手入れ具合”がどうしたって気に掛かってしまう。もちろん、「あくまで“お客とセラピスト”の関係なんだし、そんなの客側が気にする必要なくない?」という意見もあろうかと思います。でも、お金で買った時間にせよ、やっぱり基本は“人と人”。個人的には、できる限り「お互いに快適な状態」でサービスを受けたいと考えています。よって若干だらしない…いえ、“自分自身が納得できていないカラダ”のまま、セラピストさんの前で裸になるのは極力避けたいんですよねぇ。

 

そんなわけで、目下歩く距離、そして筋トレのメニューを徐々に増やし続けているのでございます。幸い、「ん゛あ゛ぁぁぁぁぁ! もう我慢できない、どうしてもセックスがしたいぃぃぃ‼︎」という心境にはまだ陥っていないため(笑)、女風利用の再開は年明け以降になるかな?と予想しております。今は愛しの我が右手&約1年前に購入した“オトナのおもちゃ”で発散すれば十分な感じですね。ただ、それも「ベストコンディションになったら存分に予約を入れよう。そんでもって、セラピストさん達とめちゃくちゃエロいことしちゃうんだもんね〜♡」という楽しみがあるからこそ♪


セラピストの皆さま方、いつも本当に本当にありがとうございます。利用を控えている日々にあっても、心の底から感謝していることに何ら変わりはありません。私サイドが諸々整い次第、ガンガン指名するつもりでおりますので、来年もどうぞよろしくお願い致しまっす!